葉酸の効果 とは

細胞分裂の手助けをする

葉酸はDNAや細胞を正しく複製する手助けをする効果があります。
赤ちゃんが成長するために必要不可欠な栄養素となっています。
さらに、間違えて複製してしまった時の修正でも葉酸が手助けをします。
そのため、葉酸を十分に摂取できていないと間違えたまま複製されて癌に繋がることもあります。
自分の身体の健康のためにも、葉酸の摂取は必要です。

赤血球の合成をする

血液というと鉄分が大切というイメージが強いですが、葉酸も重要な役割を担っています。
また、ビタミンB12が葉酸のサポート役となるため、しじみやレバーなども意識して摂取することが大切です。

胎児の先天性疾患を軽減する

特に妊娠前から妊娠初期にかけて、葉酸を十分に摂取することが大切です。
それにより、先天性の異常である神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができます。
神経管閉鎖障害には主に二分脊椎症と無脳症という症状があり、特に無脳症は死産となるケースが多くみられます。
妊娠を考えている人は妊娠前から葉酸を摂取しておくことがとても大切です。

葉酸の不妊への効果

細胞分裂の手助けと赤血球の合成をする働きは、どちらも着床する確率を高める効果があります。
細胞分裂の手助けをする効果は、子宮内膜をより着床しやすい厚みがあるものにし、受精卵をしっかり受け止めることに繋がります。
また、赤血球の合成をする効果は、血流を良くし、受精卵に酸素と栄養を供給することで着床後の正常な成長に繋がります。
これにより妊娠できる確率が上がるため、葉酸の摂取は不妊への効果があると言えます。

葉酸の必要摂取量

不妊症
厚生労働省が推奨している葉酸の必要摂取量は、1日480μgとされています。
しかし、食品などの天然のものから1日400μg摂るためには、例えばほうれん草で1束、レバーで約30gが必要となります。
一つの食材から葉酸を摂取しようとすると、食材によっては量が多くなるなど、とても大変です。
厚生労働省では野菜を約350g摂取すれば1日400μgの葉酸を摂取することが可能となるとされているため、目安としては生野菜であれば両手いっぱい程、調理されているものでは小皿5皿程を食べるようにすると、葉酸も必要摂取量満たせることになります。
しかし毎日必要摂取量を満たせるとは限りません。
そのため、厚生労働省ではサプリメントなど合成のものから1日400μg摂取することが推奨されています。
また同時に、1日1000μgまでの摂取とすることも発表されているため、摂り過ぎには注意が必要です。
特にサプリメントは商品ごとの用量を守って摂取することが大切です。

葉酸サプリメントを飲む期間はこちらのサイトで知ることができます。
どれくらいの期間飲むべきなのか気になる方必見です。

サイト名:葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ
http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12